[Windows] “名前を付けて保存”の履歴を削除する方法

今回は、Windowsの「名前を付けて保存」の履歴を削除する方法を紹介します。
なお、Windows7での方法を紹介します。

windows7-SaveasDelete01
「名前を付けて保存」の履歴とは、上の画像のファイル名の部分に表示されるファイル名(履歴)のことです。
画像の手順で削除することができます。

※誤ったレジストリを削除すると、ファイルが壊れたりパソコンが起動しなくなることがあるので十分に注意して削除してください。
システムの復元やファイルのバックアップを先に行っておくことを強く推奨します。

windows7-SaveasDelete02
1. 「プログラムとファイル名」に”regedit”と入れる
2. regedit.exeをクリックする

windows7-SaveasDelete03
3. HKEY_CURRENT_USERを開く

windows7-SaveasDelete04
4. Softwareを開く
5. Microsoftを開く

windows7-SaveasDelete05
6. CurrentVersionを開く
7. Explorerを開く
8. ComDlg32を開く

windows7-SaveasDelete06
9. OpenSavePidlMRUを開く
10. 履歴を消したい拡張子を開く(JPEG写真なら.jpgを開く)


11. 「既定」と「MRUListEx」以外の値を右クリックして、削除をクリックする

12. 該当する拡張子の“名前を付けて保存”を開いて履歴が消えているかを確認する

今回は以上です。