[電子工作]TPA2001D1 デジタルアンプの自作

今回は、秋月電子通商の「1Wx2 ステレオ・デジタル・オーディオ・アンプ・キット」(K-02168)を使用した自作アンプを紹介します。

まずはアンプに使用したパーツとアルミケース、スピーカーを紹介します。(スピーカーは既製品)

商品名をクリックすると販売サイトに移動します。(アフィリエイトなし)パーツ・キットは秋月電子または千石電商に、スピーカーはAmazonにリンクしています。また、現在入手できないものは代替品を掲載しています。

●アンプ:1Wx2 ステレオ・デジタル・オーディオ・アンプ・キット」(K-02168)@2,000円

●コンデンサ:
【1】ニチコン FGシリーズ ※キットには標準のコンデンサが付属。
470μF/25V×2 @60円×2、1μF/50V×2 @10円×2、1000μF/16V×1 @50円)
【2】ニチコン MUSE-ESシリーズ
1μF/50V×4 ※無極性・キット付属品を流用 @15円×4)

●ケース:タカチ電気工業 YM-150 @810円

●ボリュームとボリュームつまみ:
【1】Aカーブ/10kΩ/2連 @285円
【2】ボリュームつまみは好みのものを選択する @300円前後

●スイッチ:日本開閉器工業 トグルスイッチ/M-2013/1回路2接点 @368円

●接続端子:
【1】RCA端子 MR-599()()@それぞれ53円
【2】φ3.5mmイヤホン端子 マル信無線電機 MJ-073H @74円
【3】スピーカー接続端子 PT-S04F-11 @200円

●スピーカー:ヤマハ NS-BP200 @約8,000円

●LEDと抵抗:(筆者はストックを使用)
【1】Vf:3.2V程度のLED 新品を購入する場合は1個10~50円
【2】抵抗 タクマン 1/4W-330Ω @60円または定電流ダイオード @53円
電流は5mA程度流せれば十分です。計算はこちら

●銅線:協和ハーモネット UL耐熱ビニル絶縁電線(AWG20)7色7本入り @520円

●スピーカーケーブルとオーディオケーブル:
【1】スピーカーケーブル (スピーカーに付属)新品を購入する場合は @300円前後
【2】オーディオケーブル(RCAかイヤホンケーブルのうちテレビが対応しているものを選ぶ)新品を購入する場合は100円ショップで @108円

●ネジとスペーサー:
【1】M3規格のネジ 長さ15mm程度のもの(ホームセンターで購入)@200円前後
【2】ジュラコンスペーサー 廣杉計器 AS-305B @320円

●その他:USBケーブル(廃品)、半田こて、半田、直径3mmと5mm程度の穴を開けることのできるドリルなど(全て手持ち品を使用)

合計:約13,900円(その他アイテムは含まず・税込)

電源はテレビの外付けHDD用のUSB端子から取っています。
外部電源を用意する場合は5V出力のUSB端子付きACアダプターを用意してください。(ダイソーのものでOK)

基板の半田付けは説明書にしたがって組み立ててください。
配線方法は以下を参考にしてください(基板の写真は秋月電子通商のものを使用しています)

完成するとこのような感じになります。
前面

背面

底面:ネジ穴は3mmドリルで開けた。

上から見るとこのような感じ

前面の裏側:配線は上記の配線図を参考にしてください。

背面の裏側:配線は上記の配線図を参考にしてください。

基板はネジとスペーサーを使用して固定。

基板表面:このように組み立ててください。(コンデンサは変更しているものがあります)

基板裏面:スルーホール基板なので間違えないように注意してください。取り外すのが大変です。

スピーカー端子との接続は写真のようにして行ってください。
差込口の上にある部分を押すと挿入することができます。

テレビにUSBケーブルとイヤホンケーブルを接続します。

最後にスピーカーケーブルを接続します。赤と黒のプラスチック部分を回してゆるませ、下の穴にケーブルを挿入します。

スピーカーネットを取り付ければ完成です。

音質はこのような感じです。
音源には「MusMus」様の“Stable yet”を使用しています。
録音にはTASCAM DR-05を使用しています。

今回は以上です。

イオン本牧店(旧マイカル本牧)

今回は、バブル真っ只中の1989年にオープンしたイオン本牧店を紹介します。

今回は他の用事のついでに撮影したので画像は少なめです。

本牧山頂公園側から:この写真の5番街は他社に売却されており、「ベイタウン本牧5番街」という名称で営業している。

5番街側面

6番街は1996年の改装で映画館が開業したものの、2011年に閉館となっている。現在はパチンコ店とフィットネスクラブになっている。

ホテルもあったが解体されてマンションになっている。

マイカル時代の名残である噴水だが、現在も稼動している。(写真には写っていないが壁噴水も動いていた)

バブル期は三角屋根の建物が多かったようだ。


5番街の正面:現在はすたみな太郎やダイソーなどが入居している。
かつて廃墟だった時期があるようだ

1番街と5番街とを結ぶデッキから3番街を撮影。(右側)

1番街と5番街を結ぶデッキは至る所に老朽化が目立つ
※市道本牧25号線のようです⇒詳しくはこちら

かつての面影は改装や解体によって噴水程度になってしまいましたが、今後もイオン本牧店やベイタウン本牧で続いていくことを願います。

店舗概要

開店年月日 1989(平成元)年4月30日(マイカル本牧)
イオン化 2011(平成23)年3月1日
エスカレーター 日立製作所
エレベーター 日立製作所
店舗面積 20,253㎡
現存する棟
解体された棟
1,3,5,6,10,11番街が現存、2,7,8,12番街は解体済み
4,9番街は元から存在しない
営業時間 9時~21時(食品フロアは7時~22時)
備考 マイカルグループは2001年に経営破たん。
イオングループ入り後2011年に吸収合併された。

今回は以上です。