「家電」カテゴリーアーカイブ

このカテゴリーでは、家電や電子機器について扱います。

[分解]三菱扇風機 R30-MD

今回は、三菱電機製の扇風機「R30-MD」(2003年製)を分解してみました。

【注意】
内部には高圧部分があります。分解は非常に危険なので絶対に真似しないようお願いします。事故が発生した場合に責任を負うことはできません。

箱:かなり大きなものとなっているが、組み立て式である
現行品は箱がやや小さくなり、スタンドを外すだけで箱に入れられるようになっている。

本体の全体の様子:ライトブルーなので薄い青色の外装となっている。若干安っぽく見える

操作部:この機種はリモコン非対応なので、本体でのみ操作可能。
機能は風量調節・リズム風・おやすみタイマーの3つだけである。

仕様:
R30-MD
羽根の大きさ(直径):30cm
(PS)E MITSUBISHI LN
S-JET 100V 50/60Hz 32/37W
温度ヒューズ:145℃
製造番号:3002
03年製
MADE IN THAILAND(タイ王国)
三菱電機株式会社
販売元:三菱電機ライフネットワーク
と表記されている。

ここからは分解画像になります。

背面カバーは、まずはピンを上に引っ張って抜き、ネジをプラスドライバーで回して外す。

カバーが外れるとこのようになります。三菱電機製の扇風機は全密閉モーターを採用しているため、モーターが金属で覆われている。他社のものはコイルが丸見えになっています。

進相コンデンサはパナソニック製のAC220V・4.5μFのものが使用されている。




コードは、株式会社フジクラ製のものが使用されているようだ。また、JISがTHとなっているのでタイ製のようだ。

スタンド部のカバーを外すと、基板が入っている。

基板の上部は放熱とノイズ軽減のために鉄板で覆われている。

基板表面(画像上部の銀色の部分が鉄板)

コンデンサ1:Rubycon 10V1000μF 85℃ YKシリーズ

コンデンサ2:nichicon 50V0.33μF 85℃ VRシリーズ※現行品はUVRシリーズ

IC:三菱電機 M34513M2 4bitCMOSマイコン

鉄板を外すとこのようになっている。

トライアック:RENESAS BCR1AM ×3

トランジスタ:三洋電機 2SA1371(生産終了)

抵抗の一部に金属皮膜抵抗が使用されている。

やはり大手メーカー製の扇風機なので全体的にしっかりした造りになっている。

なお、ほとんどのメーカーのACモーター式扇風機は「隈取磁極型誘導電動機」を採用しており、消費電力が大きめですが、三菱電機製の扇風機は「全密閉モーター」が採用されているため

  • 消費電力がACにしては小さい
  • モーター音が静か
  • ホコリがモーター内部に入らないため火災になりにくくなる

といった利点があります。

現行品は約1万円と高めではありますが、造りがしっかりしているのでオススメです。

『メーカーサイト』
三菱電機 扇風機

今回は以上です。

[電子工作]TPA2001D1 デジタルアンプの自作

今回は、秋月電子通商の「1Wx2 ステレオ・デジタル・オーディオ・アンプ・キット」(K-02168)を使用した自作アンプを紹介します。

まずはアンプに使用したパーツとアルミケース、スピーカーを紹介します。(スピーカーは既製品)

商品名をクリックすると販売サイトに移動します。(アフィリエイトなし)パーツ・キットは秋月電子または千石電商に、スピーカーはAmazonにリンクしています。また、現在入手できないものは代替品を掲載しています。

●アンプ:1Wx2 ステレオ・デジタル・オーディオ・アンプ・キット」(K-02168)@2,000円

●コンデンサ:
【1】ニチコン FGシリーズ ※キットには標準のコンデンサが付属。
470μF/25V×2 @60円×2、1μF/50V×2 @10円×2、1000μF/16V×1 @50円)
【2】ニチコン MUSE-ESシリーズ
1μF/50V×4 ※無極性・キット付属品を流用 @15円×4)

●ケース:タカチ電気工業 YM-150 @810円

●ボリュームとボリュームつまみ:
【1】Aカーブ/10kΩ/2連 @285円
【2】ボリュームつまみは好みのものを選択する @300円前後

●スイッチ:日本開閉器工業 トグルスイッチ/M-2013/1回路2接点 @368円

●接続端子:
【1】RCA端子 MR-599()()@それぞれ53円
【2】φ3.5mmイヤホン端子 マル信無線電機 MJ-073H @74円
【3】スピーカー接続端子 PT-S04F-11 @200円

●スピーカー:ヤマハ NS-BP200 @約8,000円

●LEDと抵抗:(筆者はストックを使用)
【1】Vf:3.2V程度のLED 新品を購入する場合は1個10~50円
【2】抵抗 タクマン 1/4W-330Ω @60円または定電流ダイオード @53円
電流は5mA程度流せれば十分です。計算はこちら

●銅線:協和ハーモネット UL耐熱ビニル絶縁電線(AWG20)7色7本入り @520円

●スピーカーケーブルとオーディオケーブル:
【1】スピーカーケーブル (スピーカーに付属)新品を購入する場合は @300円前後
【2】オーディオケーブル(RCAかイヤホンケーブルのうちテレビが対応しているものを選ぶ)新品を購入する場合は100円ショップで @108円

●ネジとスペーサー:
【1】M3規格のネジ 長さ15mm程度のもの(ホームセンターで購入)@200円前後
【2】ジュラコンスペーサー 廣杉計器 AS-305B @320円

●その他:USBケーブル(廃品)、半田こて、半田、直径3mmと5mm程度の穴を開けることのできるドリルなど(全て手持ち品を使用)

合計:約13,900円(その他アイテムは含まず・税込)

電源はテレビの外付けHDD用のUSB端子から取っています。
外部電源を用意する場合は5V出力のUSB端子付きACアダプターを用意してください。(ダイソーのものでOK)

基板の半田付けは説明書にしたがって組み立ててください。
配線方法は以下を参考にしてください(基板の写真は秋月電子通商のものを使用しています)

完成するとこのような感じになります。
前面

背面

底面:ネジ穴は3mmドリルで開けた。

上から見るとこのような感じ

前面の裏側:配線は上記の配線図を参考にしてください。

背面の裏側:配線は上記の配線図を参考にしてください。

基板はネジとスペーサーを使用して固定。

基板表面:このように組み立ててください。(コンデンサは変更しているものがあります)

基板裏面:スルーホール基板なので間違えないように注意してください。取り外すのが大変です。

スピーカー端子との接続は写真のようにして行ってください。
差込口の上にある部分を押すと挿入することができます。

テレビにUSBケーブルとイヤホンケーブルを接続します。

最後にスピーカーケーブルを接続します。赤と黒のプラスチック部分を回してゆるませ、下の穴にケーブルを挿入します。

スピーカーネットを取り付ければ完成です。

音質はこのような感じです。
音源には「MusMus」様の“Stable yet”を使用しています。
録音にはTASCAM DR-05を使用しています。

今回は以上です。

LED電球・蛍光灯の選び方2016

今回は、2016年最後の記事となります
LED電球や蛍光灯の光色・型番の見方について紹介します。

1.光色の選び方


昼光色 [型番=D/EX-D/ED](Day Light・6500K)


昼白色 [型番=N/EX-N/EN](Natural White・5000K)


電球色 [型番=L/EX-L/EL](Incandescent・2700K)
の3色が基本的な光色になります。

この他に、白色 [型番=W/EX-W](White・4200K)温白色 [型番=WW/EX-WW](Warm White・3500K)がありますが、一般的ではありません。

なお、[EX]や[E]は三波長形を表しています(色が綺麗に見える=演色 単位Raが高いほど綺麗)詳しくは 3.演色について をご覧ください。

2.型番の見方

【LED編】

ここに、実際のLED電球の写真があります。

LDA6DE17/BHとありますが、それぞれ以下の意味があります。

LDA:LED電球の形状
LDA=一般型(昔ながらの白熱電球と同じ形)
LDG=ボール電球型
LDR=ハロゲン電球型、レフ型
LDT=小丸電球、蛍光灯がむき出しになっている電球形蛍光灯(EFD型)の互換品

6:LED電球の消費電力
=この場合は6Wであることを表している

D:光色
D=昼光色
N=昼白色
L=電球色
詳しくは1.光色の選び方を参照。

E17:口金サイズ
無印=E26(口金サイズが26mmであることを表している)
E17=口金サイズが17mmであることを表している
E12=口金サイズが12mmであることを表している

BH:配光角度
無印=下方向(約180度)のみに光が届くタイプ
G=全方向(約300度)に光が広がるタイプ
BH=斜め取り付け専用
[以下はハロゲン電球型のみ]
N=狭角
M=中角
W=広角

・40などは該当する白熱電球の互換品であることを表している
40=白熱電球40W相当(485lm)
60=白熱電球60W相当(810lm)
100=白熱電球100W相当(1520lm)

【蛍光灯編】

ここに、蛍光灯のイラストがあります。

FLR40SEX-N/M/36-H とありますが、それぞれ以下の意味があります。

FLR:蛍光灯の種類

[直管蛍光灯]
FL=グロースタータ式(点灯管が必要)
FLR=ラピッドスタータ式(点灯管がない)
FHF=インバータ式(Hfランプ専用の表示がある器具専用)

[環状蛍光灯]
FCL=グロースタータ式(点灯管が必要・インバータ式でも使用可能)
FCR=ラピッドスタータ式(点灯管がない)
FHD=ツイン蛍光灯(専用器具でのみ使用可能)
FHC=スリム蛍光灯(専用器具でのみ使用可能)

[電球形蛍光灯]
EFA=一般型(昔ながらの白熱電球と同じ形)
EFG=ボール電球型
EFD=管がむき出しになってるタイプ
EFR=レフ型

[ツイン蛍光灯]
FPL=管が平面に2本並んだタイプ
FHP=インバータ式(Hfランプ専用の表示がある器具専用)
FDL=管が四角形に4本並んだタイプ
FHT=インバータ式(専用の器具でのみ使用可能)
FML=管が平面に4本並んだタイプ

40:蛍光灯の消費電力
10=消費電力10Wの蛍光灯(長さ 330mm)
15=消費電力15Wの蛍光灯(長さ 436mm)
20=消費電力20Wの蛍光灯(長さ 580mm)
30=消費電力30Wの蛍光灯(長さ 630mm)
32=消費電力32Wの蛍光灯(長さ 830mm/※Hf蛍光灯は1198mm)
40=消費電力40Wの蛍光灯(長さ 1198mm)
110=消費電力40Wの蛍光灯(長さ 2367mm)

S:蛍光灯の太さ
FL/FLRの無印=38mm(低温用)
FHFの無印=25.5mm(Hf器具専用ランプ)
S=32.5mm(一般用)
SS=28mm(点灯管=グロー式の省電力型)
H=38mm(110W型の高出力タイプ)

EX-N:光色
D=昼光色
N=昼白色
W=白色
WW=温白色
L=電球色
※EXやEは三波長形を表している
詳しくは1.光色の選び方を参照。

M:ラピッドスタート式の始動補助方式
M(パナソニックはM-X)=内面導電皮膜式(調光不可)
M-AまたはM-D(パナソニックはM)=外面ストライプ式(調光可能)
A=外面シリコン式

36:省電力タイプのみ表記
無印=通常の蛍光灯(屋外・屋内+誘導灯用)
18=20W蛍光灯のグロー式(FL)の省電力型(屋内用)
37=40W蛍光灯のグロー式(FL)の省電力型(屋内用 ※誘導灯や非常灯では使用不可)
36=40W蛍光灯のラピッド式(FLR)の省電力型(屋内用 ※誘導灯や非常灯では使用不可)

3.演色について

単位はRa または CRIで、100が最大となります。

100に近ければ近いほど物が綺麗に見えますが、消費電力や値段が高くなる傾向があります。(例:東芝キレイ色パナソニック美ルック

LED電球では箱に表記がなければ電球色[L]がRa80、昼光色[D]や昼白色[N]ではRa70となっていることが多いです。
三波長形蛍光灯[EX-D/EX-N/EX-L][ED/EN/EL]はRa84、100円ショップなどで売られている一般型蛍光灯[D/N/W]はRa60程度です。

4.選び方のコツ

【LED編】
1. 今付いている白熱電球(または電球形蛍光灯)の型番を確認し、白熱電球と同じ色が良いのであれば「電球色 “L”」を選び、それ以外の白色系の色が良いのであれば「昼光色 “D”」または「昼白色 “N”」から選ぶ。

2. 以下を参考に明るさを選びます。単位lmが大きければ大きいほど明るいですが、消費電力も大きくなります。

  • 白熱電球40W=電球形蛍光灯8~10W=LED電球4~6W(485lm)
  • 白熱電球60W=電球形蛍光灯12~15W=LED電球6~12W(810lm)
  • 白熱電球100W=電球形蛍光灯20~25W=LED電球12~20W(1520lm)

※当てはまらない場合もあるので必ず箱の○○W相当の表記を確認してください

また、器具に最大○○Wと書いてある場合でも、電球形蛍光灯やLED電球では最大の100W相当品を使うことができる場合があります。(寸法や注意書きを確認してください)

3. 口金サイズを確認します。E26ならE26のLED電球、E17ならE17のLED電球から選びます。必ず一致している必要があります

4. 下方向のみ照らす場合は「下方向型(無印)」から、全体を照らす場合は「全方向型(G)」から選びます。

【蛍光灯編】
1. まず、照明器具に点灯管が付いているかどうかを確認します。(直管蛍光灯の場合)

  • 点灯管が付いてる場合は“FL”から始まる型番の蛍光管から選びます。
  • 点灯管が付いてない場合は、見えるところに「Hf」のマークがあるかどうかを確認します。ない場合は「FLR」ある場合は「FHF」から始まる型番の蛍光管から選びます。

2. 今付いている蛍光灯の型番を確認し、白熱電球と同じ色が良いのであれば「電球色 “L”」を選び、それ以外の白色系の色が良いのであれば「昼光色 “D”」または「昼白色 “N”」から選びます。

3.ランプ方式(FL/FLR/FHF)と消費電力完全に一致している必要があります。
(例)元々付いてた蛍光管 FLR40S…⇒新しい蛍光管 FLR40S…

4.日常的に使う場所なら「三波長形(EX/E)」から、演色が重要ではない場合は”EX”や”E”が付かないもの「一般形(無印)」から選んでも良いです。

5. 屋内で使用する場合は省電力形でも問題ないですが、屋外や非常灯、誘導灯で使用するのであれば”18″”36″”37″が型番の末尾に付かないものから選びます。

今回は以上です。

LEDシーリングライトの調色について2016

今回は、LEDのシーリングライトの調色について紹介します。
なぜ、このような記事を書くのかと言うと、各社の各機種で差異があるためです。

以下では大手メーカー4社(パナソニック・東芝・日立・NEC)+アイリスオーヤマの調色比をまとめてみました。
なお、代表的な機種のみを掲載しています。

LEDシーリングライトの全光束は、基本的に昼白色時の明るさで表記されています。昼光色や電球色時は基本的に半分程度の明るさとなります。

[例]
□=調節可能な範囲、■=調節できない範囲
昼光色ーーーーー昼白色ーーーーー電球色
100%
■■■■■■■■■□■■■■■■■■■
■■■■■■■■□□□■■■■■■■■
■■■■■■■□□□□□■■■■■■■
■■■■■■□□□□□□□■■■■■■
■■■■■□□□□□□□□□■■■■■
■■■■□□□□□□□□□□□■■■■
■■■□□□□□□□□□□□□□■■■
■■□□□□□□□□□□□□□□□■■
■□□□□□□□□□□□□□□□□□■
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
0%

パナソニック(Ra83)

※%は全光束比です。文字クッキリ光が100%の機種があります。

 型番 全光束 消費電力 昼光色 昼白色 電球色
HH-CA0816A 3800lm 35W 80% 75% 50%
HH-CB0821A 3800lm 29W 50% 100% 50%
HH-CB0833A 4299lm 28.5W 80% 85% 50%
HH-LC520A 3860lm 56/50W 100% 100% 100%
HH-CB0880A 4299lm 39W 80% 85% 50%

東芝ライテック(Ra85)

※%は全光束比です。

型番 全光束 消費電力 昼白色 昼光色 電球色
LEDH81718X-LC(Ra95) 4400lm 61W 70% 70% 70%
LEDH81802Y-LC 4299lm 42.9W 70% 70% 70%
 LEDH81178-LC 3800lm 51W 50% 50% 50%
LEDH81380-LC 4299lm 42W 50% 50% 50%

日立アプライアンス(Ra85)

※調色比非公開のため、昼光色・電球色の%は不明

 型番 全光束 消費電力 昼白色 昼光色 電球色
 LEC-AH800F 4299lm 28.4/36.1W 100%
 LEC-AHS810F 4299lm 28.4/40.4W
 LEC-AHS810EH 4299lm 31.2/55W

NECライティング(Ra85)

※%は全光束比です。

型番 全光束 消費電力 昼白色 昼光色 電球色
HLDCB0861SG 4299lm 37W 100% 70% 40%
SLDCB08570SG 4299lm 37W 100% 70% 40%
HLDCKB0877SG 4299lm 34W 100% 100% 45%
HLDCKB0897SG 4299lm 30.5W 100% 100% 80%

アイリスオーヤマ(Ra80)

※%は全光束比です。

型番 全光束 消費電力 昼白色 昼光色 電球色
CL8DL-5.0CF 4000lm 40W 100% 65% 65%
CL8DL-C1(Ra83) 3800lm 29.2W 100% 65% 65%
CL8DL-ALE(Ra83) 4200lm 48W 100% 65% 65%

お勧めは…

  • 昼白色メインで使用する場合は=東芝、日立、NEC、アイリスオーヤマの全機種。
  • 昼光色メインで使用する場合は=パナソニック HH-LC520A、日立全機種(LEDの個数的に)、NEC HLDCKB0877SGまたはHLDCKB0897SG。
  • 電球色メインで使用する場合は=パナソニック HH-LC520A、東芝 LEDH94023Y-LC/LEDH81718X-LC/LEDH81802Y-LCのどれか、NEC HLDCKB0897SG、アイリスオーヤマの全機種。

今回は以上です。

パナソニック 明るさセンサ付ハンディホーム保安灯(WTF4088W)

今回は、パナソニックの家庭用保安灯「WTF4088」を紹介します。
メーカーサイト:明るさセンサ付ハンディホーム保安灯/パナソニック

※今回の写真にはアフィリエイトブログへの転載防止のため、ブログ名を入れています

外箱:こちらは紙箱だが、ブリスタパッケージタイプもある
Panasonic WTF4088W 01

箱を開けた状態
Panasonic WTF4088W 02

本体前面:Panasonicロゴの部分以外が光る
Panasonic WTF4088W 03

本体上面:ナイトライトの切り替えスイッチとそのセンサー、電池交換お知らせランプがある

本体背面:注意書きと仕様が記されている なお、乾電池収納部にはカバーが付いている

電源はコンセント(ナイトライト)と単3アルカリ乾電池(保安灯)
乾電池は乾電池エボルタが付属している。
Panasonic WTF4088W 06

ナイトライト:旧製品とは違い電球色で光る
Panasonic WTF4088W 07

明るさはこんな感じ
Panasonic WTF4088W 08

保安灯は白色LEDが点灯する。なお、30分で自動的に消灯する
(スイッチで追加点灯可能)
Panasonic WTF4088W 09

IPSパネルの画素形状(IPSα・LG・サムスン)

今回は、IPS液晶の画素形状についてです。
撮影カメラ:パナソニック DMC-FZ1000

・パナソニック TH-L32X1
IPSアルファテクノロジー(日本)製IPSαパネル、1366×768
長方形の画素形状が特徴。
液晶画素(Panasonic TH-L32X1)

・パナソニック TH-L37C5
LGディスプレイ(韓国)製AH-IPS、1920×1080
>型の画素形状が特徴。
液晶画素(Panasonic TH-L37C5)

・EIZO FORIS FS2333
サムスンディスプレイ(韓国)製S-PLSパネル、1920×1080
画素形状はIPSαに似ている。
液晶画素(EIZO FS2333)

TH-L37C5はLEDバックライトの影響なのか画面が青っぽい。

(2016.5.28)画像を差し替えました